学芸大漢方クリニック【東京都目黒区】

Q.漢方クリニックでの治療ってなにをするの? A.西洋医学と東洋医学の良い点をとり入れた治療を行ないます

Q.結婚して1年、最近妊活をはじめたばかりです。母から漢方の良さを聞いて、少し興味があるのですが、漢方クリニックではどんな治療をするのでしょうか?
(さと子さん・31才/ベビ待ち歴1年)

西洋医学と東洋医学の両方から体をチェックし自分自身の体質を知る

 漢方や東洋医学というと、体にやさしいというイメージはあっても、実際にはどういうものなのかよくわからないというかたも多いのではないでしょうか。西洋医学では、病気になった箇所を治していきますが、東洋医学では、体全体を診て、体質改善をしていく治療が中心になります。学芸大漢方クリニックでは、東洋医学と西洋医学の両方を用いて両方の良いところを取り入れた治療を行なっています。

 最近は結婚前にクリニックなどで、ブライダルチェックを受ける人が増えてきていますが、感染症やがんの有無をチェックするなど、ふつうの健康診断と変わらないものがほとんど。卵巣に残された卵子の数を推定する卵巣予備能検査(AMH)や自律神経のバランス、血流は悪くなっていないかなど、「妊娠する力」という観点からのチェックはあまりされていないのが現状なのです。

 さらには婦人科でホルモン検査をして「妊娠しにくいかもしれない」とわかった場合でも、妊娠しやすい体にととのえていくことは、残念ながら西洋医学で診ることができません。

 そこで活躍するのが東洋医学です。東洋医学では、舌や脈、お腹などを診て体質をチェックし、どうして妊娠しにくい体になっているのかを診断します。西洋医学でいう不妊治療とは違っていわゆるオーダーメイド、全身を診て体質改善をする治療を行ない、体を健康な状態へととのえていくのです。

妊娠しやすい土台づくりは漢方薬の得意分野体質改善で産後も元気に

 私自身も、二人目の子どもがなかなか授からず、漢方薬を飲むことで体調がよくなり、無事、自然妊娠で赤ちゃんを授かることができました。漢方薬を飲む前は生理痛もひどかったのですが、漢方薬を飲むことでそれも改善していきました。

 学芸大漢方クリニックで行なっているブライダルドックは、西洋医学と東洋医学の両方から体をチェックしていくのが特長です。AMHなどのホルモン検査などに加えて、東洋医学的側面からも体質をチェックしていきます。

 また、当院独自のサーモグラフィによる冷え性チェック、自律神経のバランスをチェックする良導絡検査も行ないます。その結果、ホルモン値などに異常がない場合でも、血流が悪かったり、自律神経が乱れているかたへは、漢方薬などで体質改善を目指すサポートをしていきます。

 赤ちゃんを授かるためには、授かる体そのものが健康であることも非常に重要です。現代の女性たちは、妊娠を考える年齢が上がってきていることもありますが、それ以外に生活が不規則だったりと大きなストレスを抱えているかたが少なくありません。はっきりとした病気がなくても、なんとなく調子が悪かったりするのは、血流や自律神経のバランスが乱れていることが多いのです。

 漢方薬が得意とするのは、こうした根本的な体質改善です。「冷え性も、足のむくみも、妊娠しにくい体も全部治したい」と思ったときに、西洋医学ではお薬の量が増えていくだけですが、東洋医学では体質に見合った漢方薬を処方するので、単純に薬の量を増やすのではなく、少ない処方で一度にすべての症状を和らげていくことも可能です。つまり、土台となる体の健康をしっかり固めるのが東洋医学の治療なのです。ですから何か大きな不調が無くても赤ちゃんが欲しいと思ったらぜひ学芸大漢方クリニックへご来院ください。気付きづらい不調の原因がはっきりし、赤ちゃんが授かりやすい体質に改善されるはずです。

  • 2016年1月に開院にした漢方クリニックです

  • 女性スタッフが親身になって対応いたします

  • 血流が悪く体が冷えると妊娠にも影響します

  • 漢方薬により血流が良くなっているのが分かります

  • 明るく開放感のある待合室です

  • サーモグラフィ検査により冷え体質を診断します

  • 女性の先生なので女性特有の悩みも親身になって相談にのってくれます

学芸大漢方クリニック

  • 東京都目黒区鷹番3-1-5 グリーンアース2階
  • 03-3760-3717
  • 9:00〜12:00、15:00〜18:00 土の午後は13:30〜16:30まで診療
  • 木・日・祝
  • 東急東横線「学芸大学駅」より徒歩1分
  • http://www.gakudai-kampo.jp/