冷え性漢方の吉兆堂薬局【愛知県豊橋市】

Q.すごい冷え性です。不妊に関係するのですか? A.むしろ、やっかいな冷え性こそが、最大の不妊原因といえるでしょう

Q.冷え性は不妊に関係するのですか? 冷え性がひどいので、不妊の原因になるなら治したいです。 漢方は効果ありますか?
(真理さん・30才/ベビ待ち歴1年)

 当店に相談される大半のかたが、やっかいな冷えをお持ちです。冷え性と一口に言っても、手足の冷えや胃部の冷え、そして下腹部が冷えている状態などがあります。手足の冷えは自覚しやすいのですが、下腹部の冷えに気づいていないかたが非常に多いと感じています。下腹(おへそから下)を手で触ってみて「冷たい」と感じたかたは、下腹部の冷えが進行していると思っていいでしょう。当店でもこれまでさまざまな不妊治療や漢方を試し、表面の冷えはとれたものの、肝心な下腹は冷えたまま…という状況をたくさんみてきました。このやっかいな下腹の冷えをとらないことには様々な機能が正常に働いてくれません。

 冷えは血液のめぐりを悪くし、漢方でいう「瘀血(おけつ)」の状態をつくります。瘀血になると、血液が体の隅まで巡らず、酸素や栄養素が細胞に届きません。また、妊娠のためのホルモンの伝達も悪くしてしまうんですね。そしてしつこい瘀血からくる冷え、冷えからくる瘀血の悪循環は、物理的に温めたり食事でなんとかしようとしたりしても、なかなか改善されないのが実状です。また、お客様の話を聞いていると、これまでの妊活のなかで漢方薬やサプリメントで栄養素ばかりを補給しているかたを多くみかけます。しかし、体中にめぐらせる循環力と、吸収力を高めないことには、届くものも届きません。不妊は時間とお金がかかるだけに、少しでも無駄を減らし、最適なルートを選びたいところです。そのためにはまず、この冷え取りの土台づくりが優先ではないでしょうか。とはいえ表面の冷えは比較的簡単に取れるものの、この下腹の冷えはとても厄介。そう簡単には取れません。私たちはさまざまな素材や方法を試し、ようやく一つの形になってきたのが冷え取り妊活法です。冷え取り妊活法を実践して妊娠に近づきましょう。

「冷えは万病のもと」。冷えを取り、下腹部の血流の滞りをなくしてあげれば婦人科系だけでなく、体全般がととのうでしょう。妊娠に向けての初期段階の体質づくりとして「下腹の冷え」をもっと意識していただけたらと思います。


  • シックで落ち着いた雰囲気の店内

  • 女性スタッフがさまざまな相談に親身になって応じています

  • 冷え性改善のために自社開発した「温参霊」(奥)とともに、厳選された漢方薬を処方。電話相談による全国対応も可能。

冷え性漢方の吉兆堂薬局

  • 愛知県豊橋市西小鷹野3-12-2
  • 0120-29-3955(来店相談は予約優先)
  • 10:00〜19:00
  • 月・日・祝
  • 豊鉄バス「西小鷹野」より徒歩1分
  • http://kicchodo.com