片瀬鍼灸院【神奈川県藤沢市】

Q.生理痛が重く妊娠できるか不安です。鍼灸で良くなりますか? A.体と心をととのえる鍼灸は「良い生理」につながります

Q.今まで不妊治療を続けてきましたが、なかなか妊娠できないでいます。生理痛も重く、妊娠できるか心配です。鍼灸を受ければ妊娠しやすくなると聞いたのですが、本当ですか?
(絵里さん・37才/ベビ待ち歴2年)

 生理痛と言っても原因はさまざまです。子宮筋腫や子宮内膜症、他の疾患が原因で重い場合もあります。また生理不順もある場合、排卵していないこともありますので、必ず医師の診断を受けてください。

 その結果、特に原因がなければ鍼灸が有効です。生理痛も身体の不調の一つととらえ、体と心の調子をととのえることが、良い生理につながります。生理痛が重いあなたは、体が冷える、むくみやすい、便秘や下痢、胃腸の不調、疲れやすい、寝ても疲れがとれない等の症状がありませんか。また、お仕事や妊活のストレスで、イライラや、不安になることありませんか。このような体と心のトラブルが、あなたの生理痛を重くしている可能性があります。

 東洋医学では「生理周期、経血の色、量、質、痛み」の状態をみます。規則正しく生理がきて、鮮血、量も適切、サラサラの経血で痛みも軽いのであれば良い生理と言えます。生理痛が重いことがお悩みでしたが、他にも該当しているのであれば、鍼灸で心身の状態をととのえてはいかがでしょうか。

 東洋医学では、生理痛の代表的な原因は、「瘀血(おけつ)」、「肝血虚(かんけっきょ)」、「脾陽虚(ひ ようきょ)」と考えます。経血に塊が混ざるタイプは瘀血が原因で、腰痛など筋肉の痛みを伴うことが多いと言えます。貧血があるタイプは肝血虚で、頭痛を伴うことが多いと言えます。また胃腸が不調になるタイプは脾陽虚で、冷えを伴うことが多いと言えます。あなたはどのタイプでしょうか。

 生理痛に対する鍼灸治療では、体に現れる体内の状態を、「詳細なヒアリング」、「脈診…脈をみる」、「舌診…舌をみる」、「腹診…お腹を触わる」ことを他覚的な症状として捉えて、どのタイプかを判断して施術をします。

 鍼灸による不妊治療でも、一見不妊とは関係なさそうなお体の状態(食事、睡眠、運動習慣、入浴、排便、排尿、ストレスなど)を詳細に伺い、自覚症状を把握したうえで、脈診、舌診、腹診により、他覚的な症状を把握して、最も効果的な施術を行ないます。鍼灸で心身の状態をととのえ、妊娠しやすい体になると良いですね。


  • 女性専用の鍼灸院のため、施術室も明るくておしゃれ

  • 術の前に、クラシックの流れる部屋でゆったりカウンセリング

  • 衛生を考えて鍼は使い捨て。トレイは高圧蒸気滅菌器で毎回滅菌

片瀬鍼灸院