升屋栄貫堂薬局・ひきま鍼灸院 寄居本店【埼玉県大里郡寄居町】

Q.骨盤内に慢性的な炎症があると妊娠しにくいってほんとう? A.漢方と鍼灸治療で内膜症などの慢性炎症を改善

Q.結婚して2年。自己流タイミングを試すも、なかなか妊娠せず、産婦人科に相談したところ、子宮内膜症と診断されました。子宮内膜症があると妊娠しにくいと聞きましたが、もうあきらめたほうがよいのでしょうか。
(RT さん・30才/ベビ待ち歴1年)

骨盤内に慢性的な炎症があると不妊の原因に

 内の慢性的な炎症のひとつ。内膜症という状態があることで細胞が傷つき、その細胞を修復する過程で炎症が起こります。

 子宮内膜症以外でも筋腫やポリープなどが骨盤内の慢性的炎症を引き起こすことがあります。

 妊娠しにくさというのは、こうした骨盤内の慢性的な炎症が原因となっていることが多くあります。炎症が起こることで、卵の質を悪化させたり、着床をじゃましたりするからです。妊娠しやすい体づくりのためには、そういった体質を改善していくことが第一です。

 体質改善のために必要なことは、まずはよい” 材料“で細胞を作ること。材料というのは、口から入れる食事が元になりますが、質のよい材料であれば、炎症を止めてくれる作用がありますし、反対に質の悪い材料だと炎症を起こしやすくなります。レトルト食品やファーストフードなど手軽にすませられる現代人の食事は、どちらかというと、悪いほうに傾いていますので、これは意識して気をつけたいところです。

 そして炎症が起こったときに、それを治そう、抑えようとするのが” 免疫力“ですが、リズムやストレス、冷えなど、どれをとっても、現代人は免疫力を乱すような生活スタイルになっています。ですから食事とともに、生活スタイルを見直すことも大事になります。

漢方や鍼灸で免疫力を上げて炎症状態を改善

 一度起こった炎症は、なかなか自分で治しにくいものですが、漢方や鍼灸を使うことで免疫力を上げて炎症を取り除くことができます。

 漢方の場合、補腎薬と活血薬を組み合わせ、体をあたためたり、血流をよくしたりして、炎症が起こりやすい状態を改善していきます。たとえば鹿の角や三七人参などを使います。

 鍼灸も、補腎と活血に作用するツボを選びます。鍼とお灸を組み合わせるほか、遠赤外線の温熱治療器や鍼に電流を通すパルスという治療器を使うこともあります。

 腎の働きを調整したり、血の巡りをよくしたりするツボが集まる、骨盤の後ろ側やへその周り、足のつけ根などを中心に刺激していきます。

両方を組み合わせれば相乗効果が得られます

 漢方と鍼灸は同じ東洋医学ですが、落ちている機能を高める、足りないものをふやすといった漢方に対し、鍼灸は気血の流れをよくするなど、違う働きがありますので、二つを組み合わせることで相乗効果が得られます。漢方薬局と鍼灸院を併設する当院を訪れる患者さんには、その両方をおすすめしています。

 29才で子宮筋腫があるというHさんのお話です。1年ぐらい生理が来ないこともあり、病院で治療もしていたけれど、なかなか妊娠に至らず来店されました。医療系という仕事柄、ストレスが多く、腰痛や肩こり、冷え、立ちくらみ、生理痛があり、慢性的に炎症の起こりやすい状態でした。そこで2週ごとのカウンセリングを続けながら、漢方薬を服用、1週間に一度は鍼灸を受けていただいたところ、約1年半で妊娠。体外受精を計画した矢先の自然妊娠でしたから、ご本人もびっくり。とても喜ばれましたね。

 病院で子宮内膜症の疑いがあるといわれた37才のMさんは、鍼灸のみでしたが、治療開始から1カ月半で妊娠されました。生理痛がひどく、周期も不順。冷えや耳鳴り、肩こりといった辛い症状もありましたが、鍼灸治療で血流を改善し、ホルモンのバランスをととのえることで、子宮内膜症による炎症を抑えられたのです。ご本人が養生にしっかりと取り組まれたことも大きいですね。

一時的に落ちている力を上げて妊娠できる体へ

 妊娠する力というのは、機能的に何か問題がない限り、誰でも必ず持っているものです。それが慢性的な炎症によって一時的に落ちているだけなので、炎症が起こりやすい状態を解消すれば妊娠する力は取り戻せます。ただ慢性的な炎症は、病院の検査ではわかりにくいもの。はっきりとした病名がなくても、細胞の質がよくないと炎症を起こすことがありますので、生理痛や頭痛、肩こりといった症状があるときは、一度慢性的な炎症を疑い、漢方と鍼灸を試してみるといいかもしれませんね。

  • 寄居本店は漢方薬局と鍼灸院を併設

  • 落ち着いた雰囲気の漢方薬局の店内。奥には個別相談できるカウンセリングルームが

  • 県内外からの来訪者のほとんどが不妊相談。東洋医学の診断に基に体質をチェック

  • 寄居本店はベッドが2床。ハリを刺したあとに体をあたためる遠赤外線治療器が完備

  • 漢方から鍼灸まで幅広く相談にのってもらえる、寄居本店のスタッフのかたがた

  • リラックスできる空間の中で鍼灸治療を受けられます。施術時間は1回40〜50分

  • 女性専用の坂戸店はスタッフも女性ばかり。安心して体の悩みを打ち明けられます

升屋栄貫堂薬局・ひきま鍼灸院 寄居本店

ひきま鍼灸院 坂戸店

  • 埼玉県坂戸市南町3-2 スプリング坂戸4階  
  • 049-282-5552
  • 9:00〜19:00
  • 水・日・祝
  • 東武東上線「坂戸駅」南口より徒歩30秒