新百合ヶ丘総合病院【神奈川県川崎市】

総合病院という選択


年齢とともにリスクがあがる!妊娠に影響する婦人科の病気

 「子宮筋腫」はできる位置によっては着床を妨げ、妊娠すると早産や常位胎盤早期剥離のリスクが高まる。子宮内膜がエストロゲンの影響で過剰に増殖してできる「子宮内膜ポリープ」も位置によっては着床の障害に。子宮内膜と同じ組織が子宮以外の場所にできる「子宮内膜症」は卵子が育ちにくく、排卵しにくいことが。両方の「卵管閉塞」だと自然妊娠はむずかしい。

不妊治療はスピードが大事体外受精も手術も選択可能

 「30代後半は子宮筋腫ができやすい時期。子宮筋腫はできる位置と大きさによっては受精卵の着床を妨げ、妊娠すると筋腫によって赤ちゃんのスペースが狭くなり、早産のリスクが高まります。妊娠を望む場合は、どの治療をいつ行なうかが重要なポイント」と田島先生。そこで年齢や不妊期間などを考慮して、早めに手術で筋腫を取ることも提案します。術後は3〜4カ月の避妊が必要ですが、「その間は卵巣に影響がないため、採卵して受精卵を凍結することも可能」とのこと。
 一方、子宮内膜症は卵巣に影響が及ぶことが多く、状況により治療は違います。
「卵巣機能を温存して妊娠の可能性を考えながらの治療が必要です。婦人科とリプロダクションセンターでの治療は車の両輪と考え、状況に応じて一人一人に最適な治療を行ないます」と浅田先生。
 同院は、婦人科の内視鏡検査・手術数が多い点も特徴。子宮内腔を検査する「子宮鏡検査」は同時にポリープ切除をすることも。卵管が狭い場合などに行なう「卵管鏡下卵管形成術(FT)」は、日帰りか1泊入院で実施。また、おなかに3〜4カ所程度小さな孔をあけ、内視鏡による画像を見ながら治療する「腹腔鏡下手術」は年間1000件以上実施しています。
 「MRI検査などが早くできるのも利点です。手術の待ち時間を短くし、迅速な治療を心がけています」(浅田先生)。

個別化した卵巣刺激法や筋腫治療などで高い妊娠率

 同病院の体外受精・顕微授精の妊娠率は、30代後半で53・9%、40才以上で28・5%と高い数字を誇ります(ともに胚移植あたり)。その理由は?
 「体外受精では、多数の卵を育てるために排卵誘発剤を投与するロング法やショート法から自然周期に近い方法まで、患者さんに合わせた卵巣刺激法を選択します。さらに子宮筋腫や内膜ポリープなどは妊娠への影響を見極め、切除後に胚移植することで卵の質を上げています。筋腫がある場合、”体外受精か手術か“の選択ではなく、どちらも選べるので時間のロスも防げます」(田島先生)。
 また、妊娠したら同病院の産婦人科で分娩も可能。もちろん、良性から悪性まで婦人科疾患の治療に対応し、女性の生涯にわたる悩みに対応します。

ドクターからのメッセージ

ドクターからのメッセージ 妊活のスタートとして必ず婦人科検診を
自分たちでタイミングをはかるにしても、基本の不妊検査や子宮頸がん検診は必ず受けましょう。自分の体の状態についてちゃんと知ることが、回り道をしない妊活の第一歩です。

ドクターからのメッセージ 夫婦での会話もたいせつに。治療を忘れる時間を持とう
治療中心の生活になると精神的につらくなることも。それ以外のことに目を向け、美術鑑賞や観劇などの情操面の刺激、ストレス発散をかねた運動など、夢中になれる体験を。他愛ない夫婦の会話など、ふたりの時間を大事に。

妊活をスタートする際は子宮頸がん・体がんなどの婦人科健診をぜひ受けましょう

妊活で通院するなら…総合病院のメリット
新百合ヶ丘総合病院の場合

Merit1婦人科の疾患に迅速に対応

Merit2妊娠したら、分娩も可能

Merit3持病がある場合、他科と連携できる

Merit4切迫流産などの緊急入院にも対応


  • リプロダクションセンターの培養室。経験豊富な胚培養士により、精子や卵子、受精卵が管理されています。顕微授精もここで行なわれます

  • 体外受精の採卵や移植のあとに休憩する回復室。プライバシーに配慮した完全個室のつくりで、ゆっくりと休めます

  • 産婦人科外来の待合室は明るい雰囲気。産科と婦人科は、コーナーによってゆるやかに区切られています。これから体外受精を考えるカップルに向けて、体外受精セミナーを毎月開催しています(要予約)

新百合ヶ丘総合病院

  • 神奈川県川崎市麻生区古沢都古255
  • 044-322-9991(代表)/診療予約専用0800-800-6456
  • 9:00〜17:30(産婦人科)
  • 日・祝・年末年始
  • 小田急線「新百合ヶ丘駅」より徒歩10分「新百合ヶ丘駅」より直行バスで5分
  • http://www.shinyuri-hospital.com/