赤ちゃん欲しいね!赤☆(あかほし)ネット

TOP不妊治療に力を入れている病院・施設紹介 > 加藤レディスクリニック
  • 東京都 新宿区:加藤レディスクリニック

  • 体が持っている力を活かした、 体にやさしく、きめ細かな治療を365日休まずに提供

  • 加藤 恵一 院長
    2000年、金沢大学医学部卒業。国立金沢病院、東京災害医療センター、New Hope Fertility Centerを経て、2007年より加藤レディスクリニック勤務。2013年院長に就任。
  • 加藤 恵一 院長

  • 病院情報

  • 住 所 : 東京都新宿区西新宿7-20-3 ウエストゲート新宿ビル
    最寄り駅 : 地下鉄丸の内線西新宿駅1番出口より徒歩2分
    地下鉄大江戸線新宿西口駅D4番出口より徒歩5分
    JR新宿駅西口より徒歩6分
    電話 : 03-3366-3777
    U R L : http://www.towako-kato.com
  • 9階にある待合ラウンジ。診察の順番がくると、呼び出しモニターに番号が表示されます

    年中無休。初診の受付は専用エレベーターで10階へ

    一般の人も利用できるストークラウンジ(11階・付帯施設)。タッチパネルを使って、不妊治療の知識・理解が深められるプライベートブースが設けられています。

    体外受精、顕微授精が行われる培養室。光、温度、湿度がきびしくコントロールされています

  • 診察時間

  • 再診受付時間 mon tue wed thu fri sat sun
    7:30~12:00
    15:00~18:00 × ×
  • ※年中無休、祝日は午前中のみ診療
    ※初診・再診とも完全予約制(WEBまたは電話予約。詳しくはホームページをご覧下さい。)
  • ●できるだけ薬の使用を抑えた自然周期採卵、治療で多胎を作らないのがポリシー

  • 不妊治療施設について、少しでも調べたことのある人なら、おそらく一度は加藤レディスクリニックの名前を耳にしたことがあることでしょう。不妊治療施設のパイオニアとして、また体にやさしい治療を提供し、かつ高い治療実績を誇っていることで有名なクリニックです。同施設の特徴としてまず語られるのが、可能な限り薬剤の使用を抑えて自然に近い状態で採卵すること。
    「実は私たちも最初のころは、多くの治療施設と同じように薬で卵巣を刺激して、排卵を誘発するという一般的な治療を行っていました。でもあるときその方法で、患者さんの一人にトラブルが起こってしまったのです。
    幸い、その患者さんのトラブルは軽くすみ、その後不妊治療にも成功、無事に出産されました。しかしそのときたとえ1万人、10万人に1人という確率だとしても、不妊治療の過程で日常生活に支障があるようなトラブルが起こるのは、おかしい」と加藤レディスクリニックの加藤恵一院長は語ります。
    「それが、今私たちが行っている”薬はできるだけ使わない、あるいは薬は全く使わない”という治療のスタート地点。こうした経緯で、たとえそれで妊娠率が下がったとしても、できるだけ体にやさしい治療をしていこうというポリシーが生まれたのです」。
    不妊治療で使われる薬として一般的なのが、卵巣を直接刺激して排卵を誘発させる薬、hMGです。hMGは注射で投与されるので、通常数日間、毎日施設に通わなければいけませんが、これがなかなか大変。「仕事をしながら、毎日通院するのはむずかしい」など、不妊治療を受ける患者さんたちの悩みのもとにもなっています。でも薬を全く使用しない、薬の使用を最小限に抑えれば、患者さんの通院のわずらわしさはもちろん、経済的・肉体的・精神的な負担もグンと軽減します。
    またhCGを打つと卵巣が腫れたり痛くなったり、次の周期に採れる卵子に悪影響が出ることも。でも薬の使用を抑えれば、そうした心配をする必要もありません。
    「薬の使用を最小限にして、体がもともと持っている自然に近い状態で排卵を促して、質のいい卵を採る。そして受精卵を移植するときは、自然周期で1個だけ。妊娠・出産時の安全性、生まれてくる赤ちゃんのリスクを減らすためにも、不妊治療では多胎を作らないというのも私たちのポリシーです」。
  • ●最新の機器と高い技術力で1カ月に350人以上の患者さんが妊娠!

  • 患者さんの平均年齢は39歳と高齢なのにもかかわらず、加藤レディスクリニックでは1カ月に400以上の妊娠反応が出ているそう。しかも同クリニックを訪れるのは、他の治療施設でよい結果が得られなかった人が多いと言いますから、その技術力の高さがよくわかるでしょう。
    「培養士のレベルも非常に高く、精子を見る能力が高いのも、うちの特長の一つですね。精子を選別する基準がきびしく、よりよい精子を選んで、質の良い卵と結び付けることができるから、よい成績につながるのです」。
    またベストなタイミングで治療が進められるよう、迅速にホルモン状態を測定できる機械を導入していること、365日休みなく採卵・移植を行っていることも、治療成果を上げるために重要だと言います。「薬で排卵をコントロールしているわけではないので、土日に排卵する患者さんもいます。そういう方にお休みだから、土曜・日曜は治療できない…とクリニック側の都合を押しつけるのはおかしいですよね」。
    また同クリニックでは体外受精を中心とした不妊治療を患者さんに提供するだけでなく、難治性不妊のための治療法など、さまざまな研究にも力を注いでいます。現在も「10年先、20年先を見据えた研究が進行中」とのこと。これまでもパイオニアとしてさまざまな技術向上、治療法の開発に力を注いできた加藤レディスクリニック、今後の動向も非常に興味深く目がはなせません。

編集部ブログで最新ニュースをチェック

不妊治療応援なび

行きたい病院が見つかる2017 Book公式サイト

不妊治療に力を入れている施設

ママになりたいあなたのためのオススメ施設

漢方で妊娠?

自宅でできるシリンジ法

「不妊」じゃなくて、TGP 私の妊活日記 東尾理子

主婦の友社 読者ネットアンケートクラブ