赤ちゃん欲しいね!赤☆(あかほし)ネット

TOP不妊治療に力を入れている病院・施設紹介 > おち夢クリニック名古屋
  • 愛知県名古屋市:おち夢クリニック名古屋

  • 小さな卵胞からも成熟卵を採取し体にやさしい治療で妊娠の可能性を広げる

  • 1983年、名古屋保健衛生大学卒業、同大学産婦人科学教室入局。名古屋第一赤十字病院、八千代病院不妊センター副部長などをへて、2004年おちウイメンズクリニックを開設。
  • 越知正憲院長

  • 日本産科婦人科学会専門医、日本抗加齢医学会専門医。久留米大学医学部卒、鹿児島大学大学院医歯学総合研究科修了。
  • 桑波田暁子副院長

  • 日本産科婦人科学会専門医、麻酔科標榜医。北里大学医学部卒、三重大学大学院医学系研究科・医学部修了。
  • 与那覇 斉先生

  •  病院情報

  • 住 所 : 愛知県名古屋市中区丸の内3-19-12 久屋パークサイドビル8階

    最寄り駅: 地下鉄名城線・桜通線久屋大通駅 2A出口より徒歩1分

    TEL   : 初診予約052-968-2203/再診予約052-968-2224

    HP   : http://www.art-ochi.com/

  •  診察時間

  • 診療受付時間(予約制) mon tue wed thu fri sat sun
    9:30~12:30
    16:00~18:30 × × × ×
  • ※最終予約は、診療終了時間の30分前
  • ※☆はクリニック指定患者のみ
  • 「できるだけ自然に近い方法で妊娠してほしい」と越知院長。院長の著書『ママになろう!』はホームページからの申し込むと無料で手に入れることができます。

    待合ロビーには自動精算機も設置され、会計もスムーズに。

    妊娠した患者さんに渡されるベビーチェーン。出産の無事を祈る、スタッフの願いが込められています。

    卵の培養の様子を培養器からとり出さずに30分ごとに自動撮影できるタイムラプス。左上は受精後21時間後、左下は受精後95時間後です。

    血液クレンジングでは、まず血液を一部抜き、血液にオゾンを投与します。その後、活性化した血液を再び体内に戻します。療法後は、視界がパッと明るくなるなど、すぐに変化を感じる人もいるそうです。

    「治療のやめどきで悩むかたも多いです。最終的にはご夫婦の決断ですが、私にできることがあれば気軽に言ってほしい」と小野看護師長。

    卵は一つ一つ成長のしかたも違うため、「この卵にとってこれがベストの選択か」を常に自問自答しているという上畑培養室長。

    採卵された卵の状態や、受精卵の成長(培養)については、動画を交えながら、培養士からくわしく説明を受けます。

  • ●排卵誘発剤の量をできるだけ減らしていく治療

  •  今年で開設10年目という節目の年を迎える、おち夢クリニック名古屋。開設4年目に現在の場所に移転し、最先端の機器を次々と導入するなど、患者さんに最高の技術を提供できるようベストの環境をととのえてきました。少しずつ進化をとげてきた同クリニックですが、開設以来変わらないのは、越知院長の「体にやさしく、できるだけ自然に近い方法で妊娠してほしい」との思いです。最近では、排卵誘発剤の量をできるだけ減らす方向で治療を進めており、なかでも一定の成果をあげているのが、これまでは採卵してこなかった小さな卵胞(らんぽう)も含めてとることのできる、全卵胞採卵です。
    「かつて当院では、代表的な排卵誘発剤であるクロミッドや少量の注射による卵巣刺激が主流でした。しかし卵巣にどのくらいの卵があるかをはかるAMH検査を行なうことで、排卵誘発剤で刺激しても卵があまりとれない人がわかるようになったのです。そこでここ数年、使っているのが、フェマーラという薬です」
     フェマーラには卵巣を刺激する作用はありませんが、FSH(卵胞刺激ホルモン)に対する反応がよくなり卵胞が育っていきます。クロミッドでの排卵誘発では、卵胞が12~13㎜くらいの大きさがなければ成熟卵がとれませんでしたが、フェマーラで排卵誘発を行なうとそれ以下のサイズの小さな卵胞からも成熟卵をとることができます。これは系列病院である新橋夢クリニックの寺元章吉院長が開発した手法で、現在ではおち夢クリニック名古屋で主流になりつつあります。
    「フェマーラによる卵巣刺激では、小さな卵胞からも成熟卵をとることができ、妊娠のチャンスが広がります。多囊胞性(たのうほうせい)卵巣症候群(PCOS)のかたにもおすすめしたい薬ですね」
  • ●ストレスなくやさしい治療を続けてほしい

  •  桑波田副院長は、日本抗加齢医学会専門医でもあり、女性ならではの繊細な対応で多くの患者さんからの信頼も厚い先生。患者さんから卵子のアンチエイジングに関する質問も多いそうです。
    「今のところ、卵子の老化を予防することは残念ながらできません。卵のために、何をすればいいですか、という質問を受けますが、妊娠のために生活習慣を変えると、きっと治療そのものがストレスになってしまうのでは? 何かを変えるのではなく、楽しみながら治療を続けることがたいせつだと思います」
     さまざまな治療を提供している同院では、血液クレンジング療法(オゾン療法)も行なっています。これは血液に少量のオゾンを加えて免疫を活性化させる療法で、血液の循環がよくなるため、体があたたまったりダメージを受けた筋肉が回復するなど、さまざまな効果が期待できます。
    「血液クレンジング療法で、その人の体の状態を底上げできます。冷えを感じていたり体調の悪さを感じている人は、試してみるのもよいと思います」
  • ●患者さんを支える頼もしいスタッフたち

  •  医師はもちろん、患者さんをサポートするスタッフもクリニックには欠かせません。なかでも裏からしっかりと支えているのが、卵や精子、受精卵を扱っている培養士です。同院では、培養器からとり出すことなく、培養の様子を30分ごとに撮影できるタイムラプスや、卵への負担を極限まで減らして顕微授精ができるピエゾIイクシーCSIなど、最新鋭の機器を導入し、患者さんの妊娠をバックアップしています。上畑培養室長は「昔とくらべると、機器はもちろん、技術も進歩しました。患者さんと会う機会は少ないですが、『この患者さんにとって何がいちばんよいか?』と常に考えることをたいせつにしています」と話します。
     また、不妊治療では医師と患者さんの意思の疎通は欠かせませんが、そのコミュニケーションをスムーズにするために、「私をうまく利用してもらえれば」というのは小野看護師長です。
    「昔は不妊治療に対して抵抗を感じる人が多かったように感じますが、今は夫婦そろって前向きに治療をする人がふえました。ただし患者さんの高齢化も確実に進んでいるのも事実。妊娠しないな、と感じたら、勉強会などに参加して、一日でも早く治療を始めてほしいです」

編集部ブログで最新ニュースをチェック

不妊治療応援なび

行きたい病院が見つかる2017 Book公式サイト

不妊治療に力を入れている施設

ママになりたいあなたのためのオススメ施設

漢方で妊娠?

自宅でできるシリンジ法

「不妊」じゃなくて、TGP 私の妊活日記 東尾理子

主婦の友社 読者ネットアンケートクラブ