赤ちゃん欲しいね!赤☆(あかほし)ネット

TOP不妊治療についてもっと知りたい! > AIH 人工授精ってどんなことするの?

赤ちゃんが欲しいNo.32より

読者カップルが体験取材してきました。

読者カップル

Profile
今年で結婚3年目。「30代になってから『そろそろ赤ちゃんが欲しいね』と
言っていたのですが、なかなかできず・・・。
病院に行こうか迷っています」というふたり。
今回の取材が不妊治療ファーストステップになるかも!?

アドバイス-田園都市レディースクリニック院長

河村寿宏先生(田園都市レディースクリニック院長)

河村寿宏先生(田園都市レディースクリニック院長)
1986年東京医療歯科大学医学部卒業。
都立大塚病院産婦人科などに勤務ののち、
デンマークコペンハーゲン大学留学。
玉川病院産婦人科医長(不妊専門外来担当)などをへて、
2000年現クリニック開院。


精子が子宮に入るのを手助けする人工授精

「人工授精って、言葉の響きがちょっとこわい」という読者夫妻に、「そう思っている人も多いようですが、実は自然妊娠にちょっと手助けしてあげるだけの方法なんですよ」と河村先生。 タイミング法だけで妊娠しない場合に実施されることが多い人工授精。精液から元気な精子を集めて子宮に入れるので、主に男性側に不妊原因があるケースに、効果を発揮します。

こんな場合に適しています

『男性側の要因』(精子の数が少ない場合(乏精子症)・精子の運動率が悪い場合(精子無力症)・精液の量が少ない場合(乏精液症)・勃起や射精がうまくできない場合・逆行性射精の場合)『女性側の要因』(頸管粘液が少ない場合・女性が性交渉ができない場合(性交障害))『両方の要因』(フーナーテスト(性交後検査)が不良の場合)

編集部ブログで最新ニュースをチェック

不妊治療応援なび

行きたい病院が見つかる2017 Book公式サイト

不妊治療に力を入れている施設

ママになりたいあなたのためのオススメ施設

カラダのキモチ

ミツボシ 男性不妊のお話

漢方で妊娠?

自宅でできるシリンジ法

「不妊」じゃなくて、TGP 私の妊活日記 東尾理子

主婦の友社 読者ネットアンケートクラブ