赤ちゃん欲しいね!赤☆(あかほし)ネット

TOP赤☆(あかほし)PARTY!卒業します! > 検索結果
あせらずあきらめず

Name:カモミールガーデン さん

職業:主婦

年齢:40才

赤ちゃんが欲しかった歴:9年4カ月

あなたとご主人のこれまでのことで一番報告したいことを書いてください。
結婚して3年後に不妊治療を始めました。自然妊娠は難しく、年齢のこともあるので人工授精、そして体外受精と治療は進みました。そんな中、身体は排卵誘発剤の影響で悲鳴を上げ、職場で倒れるようになり、仕事と両立できない状態に。別の病気も併発し、泣く泣く治療を休むことに。そのあいだ漢方で周期療法等を行うも結果は出ず、気づくと38歳になっていました。私はきっと「仕事のために子どもを犠牲にした」と後悔して生きていくのだろう。治療に専念したい、ダメでもやるだけやればあきらめもつくだろう、仕事はその時またやればいい、と思い16年間続けた仕事を辞めました。そんな私のわがままをだまって受け入れ、治療を一緒にがんばってくれた夫に一番感謝しています。自分の身体にあった治療を求め、東京に通うことも快諾してくれました。おかげで私はストレスもためず「私は幸せ」と感じながら治療できました。そんな私たち夫婦を見て、両親や周囲の人たちも黙って見守ってくれました。夫婦二人三脚でがんばってこれたからこそ、今日があるのだと実感しています。
主な不妊の原因は何でしたか?
男性不妊・子宮内膜症・抗精子抗体・機能性不妊(原因不明)
これまでの治療歴を簡単に教えてください。
人工授精8回 体外受精6回(4分割受精卵を移植3回、凍結胚盤胞移植3回 うち1回科学的流産、3回目で妊娠) 途中漢方周期療法1年半
妊娠されたかたは、今回の妊娠はどのような形で?
体外受精
妊娠された周期には、これまでと違った兆候のようなものがありましたか?
体温は高めで、少量の出血があり、胃の調子が悪かった。移植数日前からなぜか「できなくなるから」と思い、大掃除等に励んだ。移植後、病院のベッドで光に包まれた元気に泣く赤ちゃんの夢?を見た。他人の子どもを心から「かわいい」と思って見ることができた。
その他、妊娠されたかた、「これがよかったのでは?」「これが役にたった」
「こうして過ごしてよかった」といったものがあれば、ぜひ教えてください。
2回目の凍結胚盤胞移植の失敗後、落ち込んだ私は治療を休みました。体調も今ひとつだったので、焦ってこのまま続けても……という気持ちがありました。そして「技術は医者に任せても、やはり自分の身体は自分が責任を持って管理しなくては」と、日頃の自分のいい加減さを反省し、まず食生活の改善から取り組みました。玄米食中心の粗食。間食はナッツやドライフルーツ。よい水をたくさん飲み、冷たい物は避けました。それだけで快便になり、代謝が良くなり身体が軽くなっていくのを感じました。冷えが強かったので、せんねん灸や背骨のストレッチも毎日行いました。あとはいつもの犬の散歩。特にスポーツはしませんでしたが適度に汗をかき、体重も3ヶ月で5キロ減。冷えを感じなくなっていました。仕事のストレスがなかった事もありますが、イライラせず前向きな気持ちで毎日を送ることができるようになっていました。そのころは自分が当たりそうな懸賞がわかり、実際出すと当たりました(笑)。健全な食生活を送ることは健全な精神へとつながる事を実感しました。結果とても良い卵が育ち、子宮の状態も良く(8ミリですが)妊娠にいたりました。
最後に赤☆(あかほし)の仲間へのメッセージをどうぞ。
私は「治療に失敗してもまあ仕方がない」とか「友達が妊娠してから私が妊娠すればいい」とかどこか消極的で、「なにがなんでも」という気持ちを持つことに抵抗を感じていました。でも治療仲間があるとき「あきらめたらそこでおしまいだよ。」と言った言葉が胸にぐさりと刺さり、「絶対にがんばる」という、強く前向きな気持ちを持つきっかけになりました。治療は先が見えずにつらいことばかりですが、どうかあせらずに自分の身体と向き合ってください。そして自分に合った治療法や健康法を見つけたら自分を信じてあきらめずに進んでください。そうすればきっとその時が来ると思います。

編集部ブログで最新ニュースをチェック

不妊治療応援なび

行きたい病院が見つかる2017 Book公式サイト

不妊治療に力を入れている施設

ママになりたいあなたのためのオススメ施設

漢方で妊娠?

自宅でできるシリンジ法

CHARTY WOMAN

「不妊」じゃなくて、TGP 私の妊活日記 東尾理子

主婦の友社 読者ネットアンケートクラブ