赤ちゃん欲しいね!赤☆(あかほし)ネット

TOP不妊治療専門医に聞く!体の気がかりQ&A > 2012秋号 体の気がかりQ&A
2012秋号 体の気がかりQ&A
生理のことが気になります
  • Q. 無排卵月経で治療を始めました。自然妊娠の可能性は?

    36才/無排卵月経、夫の精液検査の結果は1回目・精子数6200万、
    奇形精子数15%、精子運動率30%、2回目・精子数3600万、
    奇形精子数33%、精子運動率70%/治療はお休み中

     半年前に不正出血があって病院を受診、無排卵月経と診断されて治療を始めました。排卵誘発剤のクロミッドを服用してタイミング法にトライ、さらにhCG注射も使いました。薬の副作用で吐きけやめまい、生理痛が重くなって、ここ2カ月間は治療を休んでいます。夫の精液検査の結果もあまりよくないようで心配です。
     私たちが自然妊娠する可能性はありますか? 不妊治療専門クリニックに転院して、くわしい検査をしたほうがいいですか?

    A. 排卵があって卵管が通っていれば、妊娠の可能性はあるので卵管の検査は必ずしてください

    (田園都市レディースクリニック 河村寿宏先生)

     妊娠するには排卵が起こることが必須条件です。あなたの場合は無排卵月経だったということで、まず排卵誘発剤を使用したのは妥当な治療です。一方で、女性側の最も重要な検査の一つである卵管の検査(子宮卵管造影検査)が、まだ実施されていないようです。排卵しても妊娠しなかったのなら、今後はまず、この検査を行なう必要があります。
     もし、卵管が左右両側とも詰まっていると、せっかくの排卵誘発剤での治療がムダになってしまいます。卵管の検査で異常がなければ、精液検査の数値は毎回異常というわけではないようなので、排卵誘発剤の適切な使用で、今後の自然妊娠の可能性は十分にあると思います。
     もし転院をするのなら、排卵を起こさせる治療をするのは当然必要ですが、子宮卵管造影検査など最低限の基本検査を行なっている不妊治療専門の病院を選びましょう。

  • ▲ ページ先頭へ戻る ▲

生理のことが気になります
  • Q. 20代のとき、生理痛がひどくて薬で生理を止めました。その影響は?

    35才/子宮筋腫(げんこつ大)を手術でとる。
    2年後の検診で再発(親指大)/治療はお休み中

     20代のころに、生理痛がひどくて、スプレキュア注射で生理を止めました。止めた期間は、まず6カ月間、少し間をあけてさらに6カ月間、そして子宮筋腫の手術前に3カ月間、計15カ月間です。子宮筋腫は「できた場所がよくない、赤ちゃんを授からない最大の原因」と医師に言われ、手術に踏み切りました。妊娠しないのは、生理を止めたことが影響していますか? 生理は毎月30日周期で、きちんときます。
     また、妊娠すると少量出血することがあると聞きました。そのあとに生理がきたら、流産しているということですか?

    A. 薬で生理を止めたことと、いま妊娠しないことは関係ないでしょう。次の治療を検討してみては

    (高橋ウイメンズクリニック 高橋敬一先生)

     いまの不妊の原因と過去のスプレキュアの使用歴とは関係ないと思います。現在ある親指大の筋腫も、子宮内に突出していなければ、妊娠には影響ないでしょう。
     月経2~3日前からの少量出血はよくあることです。これは流産とは関係ないと思いますので、あまり心配しないでください。
     現時点での治療方法としては、子宮卵管造影検査を受け、クロミフェンやhCG注射での排卵誘発をして、人工授精を受けてみてはどうでしょうか。

  • ▲ ページ先頭へ戻る ▲

生理のことが気になります
  • Q. いつも起こる生理前の胸の張り、周期が延びたときは感じませんでした。生理周期と胸の張りは関係あるの?

    39才/検査では特に異常なし、プロゲステロン値が9.8ng/髦€3でルトラール(黄体ホルモン剤)を服用/タイミング法に挑戦中

     いままでずっと生理周期が27~31日でしたが、ここ2カ月は34~35日と延びています。生理が始まる5日前からだんだん胸が張り始めて、生理が始まるとおさまるのが毎月のパターンですが、この2カ月はそれがありませんでした。生理の量も少し少なかったように感じます。
     いままで毎月感じていた胸の張りが、この2カ月なくなったのは、なぜですか?

    A. 生理前の胸の張りはホルモンによるもの。いつもの痛みがなかったのは排卵障害が起きたのかもしれません

    (神戸元町夢クリニック 松本恒和先生)

     月経前に乳房が張るのは、卵巣から分泌されるエストロゲンや黄体ホルモンが影響していると考えられます。エストロゲンは乳腺内の乳管を増殖させ、黄体ホルモンは乳腺の腺葉の発育を促します。月経前に症状が強くなり、月経が始まると乳腺の退縮とともに症状がなくなります。ただし、胸の張りは個人差が大きく、胸が張らないからホルモン分泌が不十分とは限りません。
     これまで排卵日以降の一定期間はルトラールによる黄体ホルモン補充をしていたようなので、月経期間が長くなったのは、排卵までの卵胞期が延長したためと考えられます。つまり、卵胞の発育が悪く、排卵障害が起きたのでしょう。月経周期が延長した最近の2周期に乳房が張らなかったということは、排卵障害によってホルモンバランスが乱れた可能性が考えられます。
     ある程度規則正しい月経があれば、しばらく様子を見てよいと思いますが、もし乳房にしこりを伴った異常な痛みが持続する場合は、外科の乳腺外来を受診してください。月経が不規則なままなら、婦人科での検査をおすすめします。

  • ▲ ページ先頭へ戻る ▲

検査について教えて!
  • Q. 顕微授精をしていますが、子宮卵管造影検査は受けたほうがいいの?

    38 才/多ハV胞性卵巣症候群(PCOS)、高プロラクチン血症、卵管障害(両側の詰まり)、子宮筋腫の手術をした/顕微授精で治療中

     2年前に流産しました。また、子宮筋腫の手術も受けています。体外受精にトライして、採卵は10回以上、受精卵を子宮に戻す胚移植も10回以上しています。
     卵管が詰まっているかもしれないのですが、子宮卵管造影検査はしたことがありません。いまからでも検査したほうがいいですか? 体外受精・顕微授精をしているのに、この検査をする意味はありますか? これから先、妊娠できるのか心配です。

    A. 子宮卵管造影検査は、ぜひ受けてください。卵管水腫がある場合には、その治療をまず行ない、それから顕微授精を

    (セントマザー産婦人科医院 田中 温先生)

     子宮卵管造影検査は、卵管の中が通っているかどうかを調べる検査です。ぜひ受けてください。体外受精・顕微授精をしているなら、卵管が閉塞すること自体は問題になりませんが、卵管水腫のように卵管に炎症があり、腫大している場合には、貯蓄して古くなった卵管液が子宮腔内に逆流し着床の障害になる可能性があるので、一度調べておいたほうがよいでしょう。もし異常があれば、先に卵管水腫の処置をして、そのあと顕微授精をすることをおすすめします。
     体外受精・顕微授精の結果は、採取される卵子の質と数によって決まるといっても過言ではありません。その決め手となる排卵誘発剤の選択は、月経3日目までの左右卵巣内の胞状卵胞の数と大きさ、ホルモン値を参考にします。多嚢胞性卵巣症候群の場合は、そうでない人よりも排卵誘発剤の反応が強く出るので、育てる卵胞は10~15個にとどめたいところです。今後の治療の参考にしてください。

  • ▲ ページ先頭へ戻る ▲

検査について教えて!
  • Q. AMH検査の数値が低いと卵の質が悪いのですか?

    34才/高プロラクチン血症、右卵管癒着の疑い、排卵障害/顕微授精のあと治療はお休み中

     AMH(アンチミューラー管ホルモン)を調べたら、3. 3と低かったのですが、今後、妊娠の可能性はありますか? 母は閉経が早かったので、私はもっと早いのでは……と心配です。
     人工授精に4回、顕微授精に1回トライしました。ショート法で16日間、排卵誘発剤を注射したものの、採卵できたのは1個で、受精前に変性卵になって治療中止に。それから4カ月、転勤で他県に引っ越し、まだ治療を再開していません。
     検査したときの医師に「あと2年」と言われてから1年が過ぎました。私には、あと1年しか時間が残されていないのですか?

    A. AMHで卵子の質はわかりませんが、治療の結果と考え合わせると今後の治療を急いだほうがよさそうです

    (田園都市レディースクリニック 河村寿宏先生)

     AMHは、卵巣内の卵子の数を推測できるホルモンです。この値が低いと卵子数は減少している可能性が高いのですが、卵子の質も低下しているというわけではありません。AMHが低くても、34才という年齢から妊娠できる可能性は十分あると思います。また、AMHの値で妊娠可能な期間を決めることはできませんし、閉経年齢を断定することもできません。
     しかし、あなたの場合はAMHが低く、実際に採卵で1個しか採取できなかったことを考えると、治療を急いだほうがよいと思います。ショート法で16日間も排卵誘発剤の注射をしながら、採卵が1個となると、今後は排卵誘発剤を多く使う方法よりも、自然周期やクロミフェンのみのほうが、卵巣の負担が軽くてよいかもしれません。

  • ▲ ページ先頭へ戻る ▲

検査について教えて!
  • Q. 人工授精を3回しました。ほかにできる検査はありますか?

    33才/排卵があったりなかったりする。クラミジア陰性、精液異常なし/人工授精のあと治療はお休み中

     最初はクロミフェンやデュファストンなど、薬を服用してのタイミング法でした。次に排卵誘発剤の注射を打ち、卵胞が10個もできましたが妊娠しませんでした。人工授精3回も失敗に終わり、ドクターから「何が原因かわからない」と言われ、ショックが大きく治療を休むことに。その後もふつうに夫婦生活を送っていますが、妊娠できません。
     私のような場合は、ほかにどんな検査があるでしょうか? 体外受精をしたほうがいいのか悩みます。

    A. 子宮卵管造影検査、フーナーテスト、抗精子抗体検査が原因の推測や次の治療を考えるために必要です

    (神戸元町夢クリニック 松本恒和先生)

     「排卵があったりなかったり」とのことですが、排卵が不規則な原因をもう一度ホルモン検査で確かめておく必要がありそうです。また、子宮卵管造影検査、フーナーテスト(性交後検査)、抗精子抗体検査は受けましたか? 両側の卵管に異常がある場合や、フーナーテストの結果が不良、抗精子抗体が強い陽性の場合は、体外受精を考えたほうがよいでしょう。
     卵管や精液検査で重大な問題がないのに、フーナーテストの結果が不良の場合は、抗精子抗体が陰性であれば、タイミングをぴったり合わせた人工授精を3~6回試みるのがよいでしょう。これで妊娠しなければ、体外受精(場合により腹腔鏡検査)をすることを考えてください。
     これらの検査に問題がなく、タイミングも合っているのに妊娠しないのなら、卵巣から排卵する卵子を卵管側がうまくキャッチできないピックアップ障害の可能性も考えられます。体外受精(場合によって腹腔鏡検査)を受けることをおすすめします。ただし、卵管機能は子宮卵管造影検査や腹腔鏡検査でもわからない場合もあります。

  • ▲ ページ先頭へ戻る ▲

セックスのことで気になっています
  • Q. hCG注射をしたあと、タイミングを持つのはいつ?人によって違うの?

    32 才/排卵障害(無排卵)/タイミング法に挑戦中

     排卵日の前に排卵を促すhCG注射を打つのですが、タイミングを持つ日を「翌日」と言われたり、「翌々日」と言われたりします。インターネットなどで体験談を読むと、注射当日に指定される人もいるようです。この指示は医師によって違うのですか?
     また、クロミッドの服用は生理開始から「4日目」のときと「5日目」と言われるときがあります。何が違うのですか?

    A. 体内の排卵準備のタイミングや精子の生存を考慮すると早めのセックスは問題なし。どんどんトライしましょう

    (高橋ウイメンズクリニック 高橋敬一先生)

     hCG注射をすれば、およそ36時間後に排卵するとされるので、医師は翌日や翌々日に性交渉を持つように言われたのでしょう。しかし、hCG注射をする前に、すでに体の中で排卵のための動きが始まっている場合もあります。精子は体内で3日間ほど生きているとの報告もあるので、排卵よりも1日早めにセックスしても問題ないのです。実際には、セックスの回数は多ければ多いほど妊娠しやすいので、どんどん機会を持ってください。
     クロミッドの服用は、以前は多くの施設で「生理開始5日目から」としていましたが、最近は早めに服用をスタートする施設がふえていて、当クリニックでは3日目が主流です。というのは、クロミッドは子宮内膜を薄くする作用が出ることがあるからです。早めに使用すれば飲み終わるのが早くなるため、排卵時期の内膜をその分だけ厚く保てる可能性があります。ただし、これはさほど大きな差ではないので、2~3日の差は気にしなくてだいじょうぶですよ。

  • ▲ ページ先頭へ戻る ▲

セックスのことで気になっています
  • Q. 痛くて最後までセックスできません。どうすればいいの?

    27 才/セックスできない/治療はしていない

     つきあい始めてから3年半、結婚して1年たちますが、いまだにセックスで最後まで挿入して射精ができません。何度もトライしたけれど、挿入が痛くてつらいのです。ごくまれに痛みがなく挿入できても、動かすとあまりに痛くて、夫にやめてもらいます。また、一度痛いと感じると力が入ってしまい、すぐに抜けてしまいます。
     初潮から数年で生理が止まり、ピルや排卵誘発剤で治療して、徐々に毎月生理がくるようになりました。ただ、生理痛がひどく、鎮痛剤を飲んでも、仕事を早退するほどつらいです。ドクターからは「子宮内膜症だろう」と言われています。

    A. ホルモンの影響でうるおいが足りなくなっているようです。薬やゼリーで痛みをやわらげて

    (なかもず河田クリニック 河田 淳先生)

      挿入時に痛みを感じることから、子宮内膜症が痛みの原因とは考えにくいと思います。出産後や更年期以降は、ホルモン的に腟にうるおいが足りず、性交痛に悩む女性は少なくありません。いままで月経周期も長く、ホルモン不足があったようなので、それが性交痛の原因ではないでしょうか。
     現在、すぐに妊娠を望んでいない場合は、エストロゲン製剤(内服薬、貼付薬、ゲル剤、腟錠など)で腟のうるおいを促すことで、性交痛がやわらぐ可能性があります。
     すぐに妊娠を望んでいる場合は、潤滑ゼリーを使ってみてはどうでしょうか。けっして怪しいものではなく、昔から婦人科で推薦しているものもあります。ただし、保険適用はなく、患者さん自身で購入していただく商品です。通販などでも購入できます。
     妊娠に関しては、人工授精で解決する方法もあります。排卵時期を推測して、ご主人に精液を採取してもらい、子宮に注入する方法です。どうしても性交痛が解決しない場合の選択肢です。

  • ▲ ページ先頭へ戻る ▲

セックスのことで気になっています
  • Q. セックスレスで人工授精にトライ中。ダメだったら体外受精を考えたほうがいいの?

    31 才/卵管異常なし、多ハV胞性卵巣症候群(PCOS)/人工授精に挑戦中

     多嚢胞性卵巣症候群で、ホルモン剤のフェマーラを飲んで排卵するようになりました。いま人工授精を2回したところです。
     実は夫とはセックスレスで、ここ1年間セックスをしていません。私が子どもを欲しいばかりにあせって、夫を追い込んでしまったのだと思います。結婚して5年目、この先妊娠できるのだろうかと不安です。私は治療に専念するため、仕事もやめてしまいました。

    A. 精液検査やフーナーテストの結果から治療を検討。PCOSの治療では薬の使い方に気をつけて

    (なかもず河田クリニック 河田 淳先生)

     男性側が精神的に性交渉を持てないのですね。精液検査で問題がなく、腟外射精が可能であれば、精液の腟内自己注入法でフーナーテストを行ない、結果が良好な場合、自己注入法(または人工授精)をするのがよいでしょう。自己注入法とは、スポイトなどを使って精液を自分で腟内に注入する方法です。
     フーナーテストが不良の場合、抗精子抗体が陰性なら人工授精の対象となります。もし抗精子抗体が強陽性なら、体外受精を考えたほうがよいでしょう。なお、精液検査で重大な問題がある場合には、治療法は体外受精・顕微授精になります。
     また、多嚢胞性卵巣症候群による排卵障害を指摘されているのですね。精液検査で大きな問題がなく、フェマーラの内服で1個の卵胞が発育・排卵するのなら、タイミングをぴったり合わせて、自己注入法や人工授精を3~6回行なうとよいでしょう。これで妊娠しなければ、体外受精をおすすめします。
     ただ、フェマーラは続けて使用していると、しだいに排卵効果が低下します。薬が効きにくくなっても一般治療を希望するなら、休薬期間をおくか、多胎妊娠防止を考慮した低容量FSH(卵胞刺激ホルモン)の連続注射で、なるべく1個の卵子を育てて、自己注入法か人工授精にトライするのもよいと思います。

編集部ブログで最新ニュースをチェック

不妊治療応援なび

行きたい病院が見つかる2017 Book公式サイト

不妊治療に力を入れている施設

ママになりたいあなたのためのオススメ施設

漢方で妊娠?

自宅でできるシリンジ法

CHARTY WOMAN

「不妊」じゃなくて、TGP 私の妊活日記 東尾理子

主婦の友社 読者ネットアンケートクラブ