赤ちゃん欲しいね!赤☆(あかほし)ネット

TOP不妊治療専門医に聞く!体の気がかりQ&A > 2012春号 体の気がかりQ&A
2012春号 体の気がかりQ&A
夫のことで相談します
  • Q. 子づくりのプレッシャーでEDに。体外受精を考えるべき?

    34才/夫婦とも特に原因はなし/人工授精に挑戦中

     子づくりのプレッシャーやストレスなどが重なったようで、夫がED(勃起不全)になってしまいました。病院で治療薬を処方してもらい、はじめのうちは薬が効いたようで効果がありました。しかし、最近は薬を飲んでも効果が見られません。薬が合わなくなってきたのでしょうか? 月に1度もタイミングがとれず、気持ちがあせるばかりです。
     人工授精は7回して、まだ妊娠していません。もう体外受精しか道はないのでしょうか?

    A. あせらず、気分転換を。そろそろ体外受精も視野に入れる時期でしょう

    (山下レディースクリニック 山下正紀先生)

      子づくりのためのプレッシャーで夫婦生活がうまくいかなくなることは、けっして珍しくありません。治療薬もあまり効果がなくなったとのことですが、ここはあせらないで、気分転換をはかることを考えてみてはいかがですか。できるだけリラックスできる時間を持つように心がけましょう。
     それとは別に、人工授精が7回不成功とのこと。人工授精で妊娠した人が何回目で妊娠したかを示す累積妊娠率は、5~6回で頭打ちになります。それを考えると、人工授精までの治療では乗り越えにくい、妊娠しにくい障害がある可能性が考えられます。年齢的なことも考慮して、体外受精を検討すべき時期かもしれませんね。ご夫婦でよく相談して決めましょう。

  • ▲ ページ先頭へ戻る ▲

夫のことで相談します
  • Q. 1回の検査で自然妊娠はむずかしいと判断できるの?

    26才/夫の検査結果が不良、高プロラクチン血症(薬を服用中)/治療はこれから

     精液検査の結果で「自然妊娠はむずかしい」と言われました。結果は、精液量5.6ml、精子数44×10 6/ml、運動率45.45%、奇形率22.7%です。この数値では、むずかしいのですか?
     1回の精液検査で判断されましたが、その日の体調やストレスなどによって、自然妊娠が可能な数値に上がる場合もあるのでしょうか?
     また、補中益気湯という漢方薬を処方されました。主治医には「飲んでも自然妊娠が可能になるわけではない」と言われましたが、それでも飲んだほうがいいのですか?

    A. 精液検査は1回の検査では判断できません。生殖能力をまちがいなく判断できるものでもありません

    (なかもず河田クリニック 河田 淳先生)

     一般精液検査の基準値は、精液量2・0ml以上、精子数20×106/ml以上、運動率50%以上、正常形態精子30%以上です。ご主人の検査結果は運動率が50%以下ですが、1回の検査で男性不妊症と判断できるものではありません。WHO(世界保健機関)のマニュアルでも、基準値以下の場合は再検査を1~2回行ない、一度でも合格すればよいとされています。
     また精子の運動率は、採取されてから検査までの時間や温度にも影響されます。可能であればもう一度、施設内で精液を採取して検査を受けてみましょう。
     補中益気湯は、精子の運動率を改善する目的でよく使用される漢方薬です。ただし、漢方薬はすべての人に効果的という薬ではありません。3カ月間ほど内服したあと、精液検査を受けて、効果があるかどうか調べてもらいましょう。

  • ▲ ページ先頭へ戻る ▲

夫のことで相談します
  • Q. 体外受精をすすめられました。男性不妊の原因は何でしょうか?

    31才/精子の運動率が悪い、黄体ホルモンの数値が低い/タイミング法に挑戦中

     治療を始めて4カ月たちます。これから人工授精を予定していたのですが、夫の精液検査の結果が悪く、ドクターから「早めに体外受精を」と言われました。検査は2回受けて、精子の運動率は7%と36%、直進する精子1~3%、高粘度、SMI20~26%でした。夫は喫煙、飲酒はしません。男性不妊の原因は何ですか?
     今はタイミング法で、排卵日前後にhCGの注射を打ち、デュファストン(黄体ホルモン製剤)を飲んでいます。私の場合、排卵するのは月経開始から3週間後です。ふつうより遅いのですが、卵巣の状態がよくないのでしょうか?

    A. まずは人工授精から始めては。男性不妊症は原因が特定できないケースがほとんどです

    (なかもず河田クリニック 河田 淳先生)

      正常な月経周期の定義は25~40日で、月経周期の20日目を過ぎての排卵は遅延排卵とされます。しかし、日常の診察では、ホルモンの数値に問題がない人は、月経周期20日以降の排卵でも自然排卵で妊娠しています。逆に、早く排卵してしまい月経周期が短縮している周期は卵巣機能に問題があり、その結果、妊娠しにくいようです。
     精液検査の結果からは精子濃度がわかりませんが、SMI値(精子の状態を機器を使って数値化した値)から判断すると、主治医が体外受精をすすめることも理解できます。しかし、精液の所見は同じ人でも大きく変動していて、生殖能力をまちがいなく判断できるものではありません。あなたの場合は年齢が若く治療歴も短いので、人工授精から始めて、精子所見に応じて治療のステップアップを考える方針でよいと思います。
     男性不妊症は、睾丸がんの大きさや精索静脈瘤の有無、血液検査で男性ホルモンや性腺刺激ホルモンを調べます。それらに異常が見られて原因がわかるケースもありますが、原因が特定できないケースがほとんどです。

  • ▲ ページ先頭へ戻る ▲

卵管に問題があるのですが・・・
  • Q. 卵管閉塞で手術をしました。人工授精は有効ですか?

    30才/卵管閉塞で形成手術を受けた/治療はこれから

     両方の卵管閉塞のため手術を受け、両卵管は開通しました。タイミング法をするのかと思っていたら、ドクターからは「手術後、半年が勝負。積極的に人工授精を」と言われ、とまどっています。人工授精は妊娠の確率が低いというイメージがあるのと、タイミング法を半年続けて妊娠しなければ、体外受精にステップアップするのかな、と思っていたからです。人工授精にお金を使うのがもったいない気持ちもあります。
     卵管が開通した今、人工授精を試してみる価値はありますか? タイミング法と人工授精を併用していくべきですか? もしも妊娠しなければ、体外受精へステップアップする時期は、半年後くらいがいいのでしょうか?

    A. タイミング法よりは可能性が高い人工授精。試してみる価値はあるでしょう

    (山下レディースクリニック 山下正紀先生)

     精子を女性の子宮の中に送り込む人工授精は、1回あたりの妊娠率は5~10%程度と、それほど高いものではありません。ただし、きちんとしたタイミングで行なう人工授精は、少なくともタイミング法よりは妊娠の期待は高いと考えられます。
     卵管の詰まりを通す卵管形成術がうまくいって、両側の卵管とも開通したとのこと。せっかく卵管形成術を受けられたのですから、人工授精を試みる価値はあるでしょう。もし、半年間の人工授精でうまくいかなかったときは、体外受精に進むべきだと思います。

  • ▲ ページ先頭へ戻る ▲

卵管に問題があるのですが・・・
  • Q. 卵管の検査で激痛が。このままタイミング法を続けていいですか?

    28才/卵管の通りが悪い/タイミング法に挑戦中

     子どもが欲しくて自分でタイミングをはかっていましたが、半年しても授からないので、不妊専門クリニックを訪ねました。血液検査やフーナーテストをして、「特に異常はない」と言われましたが、「卵管の通りが少し悪い」とのこと。
     実は、子宮卵管造影検査のとき、すごく痛かったので不安になっています。卵管の通りが悪くても、自然妊娠できるのでしょうか? 積極的な治療をしないで、このままタイミング法を続けていてもいいのでしょうか?

    A. 子宮卵管造影検査をした今こそ、タイミングをはかるチャンスです

    (なかもず河田クリニック 河田 淳先生)

      尿路結石という病気を知っていますか? 狭い尿管の中を小さな石が動くだけで、屈強な男性でも悲鳴を上げるほど激痛を感じることで知られています。子宮卵管造影検査も、狭い卵管を造影剤で押し広げていくので痛みが発生します。そして、痛みには個人差があるもの。ふだんから月経痛の強い人は、この検査の痛みは案外平気……など、過去の痛みの経験によっても違いがあるようです。「痛みがあった」ということは卵管の通過性があった証拠でもあります。
     子宮卵管造影検査のあとに自然妊娠をする人は少なくありません。これは造影剤で卵管が押し広げられた結果と考えられています。検査を受けた直後の今こそが、妊娠する可能性が高い時期です。不安に思わず、排卵を見のがさないようにしてタイミングをはかってみてください。

  • ▲ ページ先頭へ戻る ▲

卵管に問題があるのですが・・・
  • Q. 卵管が癒着しています。手術や体外受精をしないと妊娠の可能性は低いの?

    36才/卵管の癒着、排卵障害/治療はこれから

     子宮卵管造影検査は痛みもなく、「卵管は通っている」と言われました。しかし、翌日のX線検査では、造影剤が両側とも拡散せず、「癒着している」とのこと。今の病院は、子宮頸ガンの定期検査(異型細胞が見つかり定期的に検査)で通っていて、不妊治療はまだ始めていません。
     医師は「子宮外妊娠の可能性も高くなるので、手術と体外受精を考えて」と言います。この手術とは、卵管を切開する手術になりますか。また、手術してからでないと、体外受精にトライしても妊娠の可能性は低いでしょうか?
     これから、子宮頸ガンの検査も続けながら不妊治療を始めます。いきなり「手術」や「体外受精」と言われて不安ですが、自分の年齢を考えると、適切な治療ならチャレンジしたいと思います。

    A. クラミジア感染の検査・治療後に体外受精を行なうのが妊娠への近道といえます

    (ミオ・ファティリティ・クリニック 見尾保幸先生)

     卵管は通っているものの、クラミジア感染で、卵管周囲の癒着が起こっているのではないでしょうか。通常、排卵された卵子は卵管の先端(卵管采さい)からとり込まれますが、卵管周囲の癒着によりこれができないピックアップ障害の可能性も。まず、クラミジア感染の検査(血液中のIgG、IgA抗体検査)を受けて、陽性であれば一定期間きちんと夫婦で抗生剤を飲むことが必要で、治療はご夫婦の体からクラミジア菌がいなくなってからです。
     手術というのは、腹腔鏡手術で癒着をとり除くものです。癒着がある程度解消できれば、妊娠の可能性は期待できますが、それには卵巣内に健康な卵子があること、夫に運動精子があることが大前提。また手術後は妊娠するかどうか、半年間くらい様子を見ることになります。
     あなたの場合は、女性の年齢が35才を超えているので、卵子も少なくなっている可能性が高く、また、卵子そのものの劣化も考えられます。卵子がどの程度残っているか、ホルモン検査(AMH、FSHなど)や超音波検査で評価できますが、年齢的にむずかしい状況に至っていることも考えて。もし、あまり時間に余裕がないと判明したら、クラミジア感染を治療後、できるだけ早く体外受精に進むことが、手術を受けるよりも妊娠への近道といえます。不妊専門医と十分相談してください。

  • ▲ ページ先頭へ戻る ▲

40才以上での治療について聞きたい!
  • Q. 薬の効果もイマイチで、今後の治療について悩んでいます

    42才/特に異常なし。高温期の体温が上がらないため注射と薬を服用/治療はお休み中

     基礎体温は高温期でも36.7度を超える日が3日程度、デュファストン(黄体ホルモン)を服用しても2日ほどで体温は下降ぎみに。排卵誘発剤のhCG注射も2日ほどは効果がありますが、やはり体温は下降してしまいます。
     ドクターから「妊娠の可能性は、あと2年」と言われ、落ち込みました。病院をかえて治療すべきでしょうか。また、体温が低いのは、どんな原因が考えられますか?
     漢方薬はどうでしょうか? 今後の治療法に悩んでいます。

    A. 年齢を考えて、不妊専門クリニックへ。体外受精を含めた積極的な治療を

    (藤野婦人科クリニック 藤野祐司先生)

     女性は年齢とともに卵巣に残っている卵子の数が減っていきます。現在のところ、高温期にhCG注射とデュファストン内服で、黄体期(高温期)補充をされているようですね。ただ、42才という年齢を考えると、時間的な制約もあり、早い時期に専門クリニックで体外受精を含めた積極的な治療を考えたほうがよいと思います。
     体温が低い人のなかには、甲状腺機能低下症など、内科の病気を持っている人がときどきいます。この検査結果に異常がなければ、特に心配することはないでしょう。
     漢方薬による治療は悪くはないですが、早めに妊娠をお考えでしたら、体外受精を受けられることをおすすめします。

  • ▲ ページ先頭へ戻る ▲

40才以上での治療について聞きたい!
  • Q. 卵巣卵管膿瘍で開腹手術をしました。体外受精はできるのでしょうか?

    41才/子宮内膜症、左の卵巣・卵管を切除/治療はお休み中

     4年前から治療を始め、1年半前に人工授精をしたあと、発熱と下腹部痛が起こり、骨盤腹膜炎と診断されて救急病院に緊急搬送されました。その後、卵巣卵管膿瘍と診断されて開腹手術となり、左の卵巣・卵管を切除、右卵巣嚢腫を摘出、腹腔内の癒着を剥離、小腸の部分切除と虫垂切除をされました。
     ドクターからは、今後腹膜炎を起こすと大変なので、人工授精や子宮卵管造影検査などは危険であること、年齢のこともあり体外受精が望ましいと言われました。
     不妊治療をしている近所の産婦人科へ行ってみたのですが、「不妊治療専門の病院で治療をしたほうがいい」と断られました。このような状態で不妊治療(体外受精)を受けることは可能でしょうか? 専門病院でも断られてしまうのでは……と心配です。

    A. 不妊治療の専門病院を早く受診して。子宮内膜症のリスクも知っておきましょう

    (松岡レディスクリニック 松岡逸子先生)

     人工授精後に腹膜炎を起こして、かなり大きな手術となり、大変でしたね。37才から不妊治療を始めて、今41才。左側の卵管がありませんので、人工授精をして妊娠する確率はかなり低いです。前回の腹膜炎のことを考えると、すすめられてもやめたほうがよいでしょう。
     体外受精を引き受けてくれる病院は、あると思います。ただ、早くしないと年齢的によい卵ができない可能性が出てきます。30代後半から卵の質は徐々に落ちて、40才代になると受精しても着床できない、着床しても流産してしまうケースがふえてきます。不妊治療は時間との戦いでもあるのです。
     また、子宮にできる腺筋症や、卵巣にできるチョコレート嚢腫の状態によって、妊娠のしにくさは分かれてきます。腺筋症で子宮が変形していると着床しにくくなりますし、大きなチョコレート嚢腫があると卵の質が悪くなってしまいます。
     どちらにしても、早く不妊専門病院を受診して、治療を再開されることが第一歩です。

  • ▲ ページ先頭へ戻る ▲

40才以上での治療について聞きたい!
  • Q. 着床障害?それとも卵巣の誘発方法が合わないのでしょうか?

    41 才/精子濃度、運動率などがよくない/体外受精に挑戦中

     不妊専門クリニックに通院中です。卵管通水検査、抗精子抗体検査、ホルモン数値などは正常、子宮内膜症や筋腫もありません。夫の精液検査は、精液濃度がやや低く、精子の運動率と直進率もイマイチとのこと。
     顕微授精を4回しましたが着床しません。「着床障害」という言葉を聞きますが、どういうものですか? 検査でわかりますか? 自分でできる対策があれば教えてください。
     また、卵巣刺激の方法をショート法にして採卵したあとに卵巣がはれ、水がたまりました。その後、月経周期が50日と長くなり、不正出血もありました。この方法が合わないのでしょうか?

    A. 着床しないのは受精卵の問題です。次にチャレンジするなら自然周期での採卵を

    (松岡レディスクリニック 松岡逸子先生)

      妊娠しなかったのは、着床障害ではなく、質のよい受精卵ではなかったから着床しなかったのです。もし、着床するところの条件が悪くて着床障害が起こるのであれば、子宮内膜のない卵管内や腹膜に受精卵が着床する子宮外妊娠という現象は起きないことになります。
     では、よい受精卵は、どうしたらできるのでしょう? 加齢により卵の質は悪くなっていきます。ただ個人差があり、41才だから卵が悪くて妊娠できない、というわけではありません。あなた自身が健康であれば、卵の状態もよくなります。
     また、排卵誘発の方法により卵の質も違ってきます。40才を超えて排卵誘発剤をたくさん使うロング法やショート法は、卵巣機能を低下させてしまい、よい卵をとることはできません。また、卵巣に水がたまると、元の状態に戻すのに3カ月間ほどかかります。あなたの場合は、前回の治療のあと、卵巣機能が悪くなったのでしょう。ホルモンバランスの悪化で月経周期が乱れているのであれば、ホルモン剤で月経周期をととのえるカウフマン法で、卵巣をしばらく休ませたほうがいいですね。
     次に体外受精をするなら、卵巣への負担の少ない自然周期での採卵をおすすめします。「1個か2個しか卵がとれないのに妊娠できるの?」と考えるかもしれませんが、手間暇かけて育てた野菜が大量生産された野菜よりおいしいことが多いのと同じこと。あなたの体が自然に育てた1つの卵こそ、最良の受精卵になるのです。

編集部ブログで最新ニュースをチェック

不妊治療応援なび

行きたい病院が見つかる2017 Book公式サイト

不妊治療に力を入れている施設

ママになりたいあなたのためのオススメ施設

漢方で妊娠?

自宅でできるシリンジ法

「不妊」じゃなくて、TGP 私の妊活日記 東尾理子

主婦の友社 読者ネットアンケートクラブ