赤ちゃん欲しいね!赤☆(あかほし)ネット

TOP不妊治療専門医に聞く!体の気がかりQ&A > 2017夏号 体の気がかりQ&A
2017夏号 体の気がかりQ&A
こんなときどうする? 素朴なギモン
  • Q. 検査後に不正出血しました。だいじょうぶですか?

    35才/血液検査問題なし、精液検査問題なし/治療はこれから

     結婚して2年10カ月、そろそろ妊活を考えてクリニックを受診しました。初診で検査をして、その日の夜中に不正出血がありました。ショーツに3cmほど、円形に血がついていて、びっくりしました。
     朝になって、受診したクリニックに電話をしたところ、「検査で出血する人はけっこういるので、心配しなくていいですよ」と言われたのですが、だいじょうぶですか?
     私は1年ほど前からフラダンスを習っているのですが、そういった全身運動が妊活に影響することはありますか? 急にいろいろと不安になりました……。

    A. 子宮ガン検査では出血することも。心配しなくてもだいじょうぶです

    (山下レディースクリニック 山下正紀先生)

     妊活のために産婦人科を受診されると、いくつかの検査を行ないます。そのなかに「子宮ガン検査」がありますが、この検査を受けた場合には、子宮頸部(けいぶ)(子宮の入り口部分)から少量の出血が起こることがあります。
     クリニックのかたが説明されたとおりで、今回の出血については検査によるもので、まったく心配ないでしょう。
     妊活中にフラダンスをして悪い影響があるとは思えません。楽しくやっているのでしたら、これからも続けていいでしょう。

  • ▲ ページ先頭へ戻る ▲

こんなときどうする? 素朴なギモン
  • Q. 太りすぎと、血圧が高いのが気になります。妊娠への影響は?

    36才/子宮卵管造影検査問題なし、プロラクチン値が高い、精液検査問題なし/人工授精に挑戦中

     私は身長164cmで、体重は85㎏あります。太っていることが妊娠しにくい原因のひとつになると聞いたことがありますが、本当ですか。
     また、ドクターから肝臓の数値がよくないことと、血圧が高いことを指摘されています。今のまま、妊活を続けてもだいじょうぶでしょうか?

    A. まず糖尿病の検査を受けましょう。このまま妊娠するとリスクがあります

    (IVF大阪クリニック 福田愛作先生)

     あなたの場合は体重を減少させて、肝機能障害や高血圧の治療を受けてから妊娠をめざすことをおすすめします。そのため、まず糖尿病の検査を受けてください。肥満ややせすぎはホルモン分泌のバランスがくずれて排卵しにくくなり、不妊の原因になることがあります。
     不妊治療の目的は妊娠だけではなく、健康な赤ちゃんを産むこと。妊娠初期の肝機能障害で妊娠の継続がむずかしくなったり、糖尿による胎児の突然死や巨大児の出産などのリスクがあります。また、妊娠高血圧症候群になると、母体の血圧上昇による脳出血、さらに赤ちゃんの発育が悪くなったり、胎盤が子宮の壁からはがれて赤ちゃんに酸素が届かなくなる胎盤早期剥離(はくり)など、母子ともに危険を伴うリスクがあります。
     これらを避けるためにも適切な治療やアドバイスを受け、体重をコントロールし、健康を保ちましょう。

  • ▲ ページ先頭へ戻る ▲

こんなときどうする? 素朴なギモン
  • Q. 2人目の妊活、自己流のタイミング法を続けていいですか?

    30才/検査はしていない/通院はしていない

     3年半前に自然妊娠で長男を出産、1年前から2人目を希望しています。1度妊娠したのですが流産し、その後は妊娠しません。
     排卵日前後を意識してセックスをするものの、夫が射精できないこともあり、腟内に射精できるのは月に1回ほど。病院に行くことも考えましたが、タイミングをみてもらってもその日に射精ができないと、かえってストレスになる気がして躊躇しています。
     私の生理周期は安定していて、基礎体温は低温相と高温相の2相になっています。排卵していると思うので、今後も自己流のタイミング法を続けていいでしょうか。

    A. 2人目ができにくい場合、卵管に問題があることが。まずは検査を受けましょう

    (IVF大阪クリニック 福田愛作先生)

     お子さんを1人出産されているとのことですが、それから体の状態が変わっていることも考えられるので検査を受けましょう。
     出産後の不妊でいちばんよくある原因は、卵管の通過障害です。卵管が狭かったり、詰まっていると、精子や受精卵が通りにくく、受精や着床の妨げになってしまいます。また、もしも両方の卵管が閉塞(へいそく)していると、そのままでは妊娠はできません。ですから、まずは子宮卵管造影検査を受けて、卵管の状態を確認することをおすすめします。
     射精障害については、人工授精を受ける方法もあります。そのときに精液検査も同時にできます。数年で精子の状態が悪くなっているケースもあるので、ご主人も一度検査を受けたほうがいいでしょう。

  • ▲ ページ先頭へ戻る ▲

編集部ブログで最新ニュースをチェック

不妊治療応援なび

行きたい病院が見つかる2017 Book公式サイト

不妊治療に力を入れている施設

ママになりたいあなたのためのオススメ施設

カラダのキモチ

漢方で妊娠?

自宅でできるシリンジ法

「不妊」じゃなくて、TGP 私の妊活日記 東尾理子

主婦の友社 読者ネットアンケートクラブ