赤ちゃん欲しいね!赤☆(あかほし)ネット

TOP不妊治療専門医に聞く!体の気がかりQ&A > 2017冬号 体の気がかりQ&A
2017冬号 体の気がかりQ&A
私の治療、これでいいの?
  • Q. 体重がかなりあります。妊活に影響しますか?

    37才/血液検査問題なし/通院は休止中

    私は身長158cm、体重が93㎏とかなり重いです。たまにプールに行くなどダイエットを意識していますが、なかなか体重が落ちません。
     妊娠を望む場合、病院によっては体重を落とすように言われることがあると聞きますが、私が通院していた先では、特に言われたことはありませんでした。体重が重いと妊活に影響しますか?

    A. 肥満傾向では妊娠しにくくなります。簡単な運動を毎日続け、食事の見直しを

    (塩谷雅英先生)

     ご自身でも気がついているように、体重オーバーのようです。肥満傾向があると、妊娠に関係するホルモンがうまく分泌されず、排卵が起こらないなど、妊娠しにくくなります。
     また太っていると、妊娠後も妊娠高血圧症候群などで管理が必要になったり、難産のリスクが高まるなど、トラブルが起こりやすくなります。ですから、妊娠前の今のうちに体重を減らしましょう。急激なダイエットではなく、ゆっくりと体重を落とすように心がけてください。
     水泳などの運動を心がけているのは、とてもよいことです。運動は継続がたいせつです。散歩やウオーキングなど、簡単な運動でいいですから、できるだけ毎日続けましょう。
     また、食事の内容も見直してみてください。めん類、パンなど炭水化物が中心になっているようなら少し控えて、野菜やタンパク質をふやすといいでしょう。

  • ▲ ページ先頭へ戻る ▲

私の治療、これでいいの?
  • Q. 薬を飲んでも生理がこないのですが…

    30才/血液検査でホルモンの数値が低く、排卵していない可能性がある/タイミング法に挑戦中

     一般の婦人科に行ったところ、「ホルモンの数値が低く、排卵していない可能性がある」と言われました。「まずはタイミング法をしましょう」とドクターから、糖尿病の薬とプラノバール(11日分)、生理2日目から飲む排卵誘発剤のクロミッドを処方されました。でも、プラノバールを飲み終えても生理がこないため、クロミッドを飲むことができません。
     生理がこないのは何か病気が隠れているのでは……と心配です。不妊治療専門クリニックに転院したほうがいいですか?

    A. 無排卵症の可能性があります。主治医に月経がこないことを伝えてください

    (塩谷雅英先生)

     ご相談の内容から、無排卵症を疑います。無排卵症とは、文字どおり、排卵していない状態をいいます。
     ホルモン剤のプラノバールは、通常は飲み終わってから5日以内に月経が始まります。月経が始まらないようであれば、プラノバールの量が不足していた可能性が考えられます。なるべく早く再受診して、主治医に「プラノバールを飲み終えても月経が始まらない」ことを告げてください。次は服用期間を長くするか、服用量をふやすなど、医師から指示があるはずです。
     何か隠れている病気があるのでは、と心配されていますが、もしそのようなことがあれば、診察の際に医師から説明があったはずですから、気にしなくていいでしょう。

  • ▲ ページ先頭へ戻る ▲

私の治療、これでいいの?
  • Q. タイミング法を3年、不妊専門の病院に転院すべき?

    36才/子宮卵管造影検査問題なし、子宮筋腫(きんしゅ)がある(3年前に腹腔鏡(ふくくうきょう)検査を受けた)、精液検査問題なし/タイミング法に挑戦中

     結婚して半年後から自宅近くの市民病院に通い始め、3年になります。検査で特に問題はなく、妊娠の可能性があるのでタイミング法を続けています。以前、体重(肥満)と肝臓の数値が悪かったことを指摘されましたが、現在はだいじょうぶです。
     このままタイミング法を続けていいでしょうか。それとも不妊治療を専門とする病院に転院したほうがいいですか?

    A. ステップアップの時期にきています。年齢を考えると転院も一つの選択肢です

    (吉田仁秋先生)

     不妊の検査で特に問題がなければ、まずはタイミング法から始め、それでも妊娠しない場合は人工授精、さらに体外受精へと治療の段階を上げることを「治療のステップアップ」といいます。
     一般的なステップアップは、35才未満であれば6カ月ごとで、35才を過ぎれば3カ月ごとと考えます。これは、卵子の染色体異常の増加によるダウン症などの発症率が高くなるため、早期の妊娠をめざすことが目的です。
     あなたの場合は、3年前に腹腔鏡検査を受けていて、いまだ妊娠に至っていないのであれば、不妊治療専門クリニックへの受診も一つの方法でしょう。体重増加による排卵障害や肝機能異常、子宮筋腫などを考慮して、早めの治療をおすすめします。
     また、現在の検査ですべての不妊原因が見つかるわけではありません。受精障害など、一般検査では見つからない不妊原因があることを知っておいてください

  • ▲ ページ先頭へ戻る ▲

編集部ブログで最新ニュースをチェック

不妊治療応援なび

行きたい病院が見つかる2017 Book公式サイト

不妊治療に力を入れている施設

妊活施設ガイド東日本編

ママになりたいあなたのためのオススメ施設

ミツボシ 男性不妊のお話

漢方で妊娠?

自宅でできるシリンジ法

「不妊」じゃなくて、TGP 私の妊活日記 東尾理子

主婦の友社 読者ネットアンケートクラブ