赤ちゃん欲しいね!赤☆(あかほし)ネット

TOP不妊治療の基礎知識 > 不妊治療用語集

「さ行」-不妊治療 用語集

採卵
体外受精(IVF)を行なう際に、卵巣内から卵子を取り出すこと。
超音波でモニターしながら膣壁から卵巣に針を刺して、卵胞液ごと卵を吸引します。
GnRHa
性腺刺激ホルモン放出因子誘導体
子宮外妊娠
受精卵が子宮内腔以外の場所に着床して、成育した状態をいう。胎児の育つスペ ースがないので、
流産や出血を起こすことがある。このため、子宮外妊娠の可能性のあるときには、
早く診断をつけて手術することが必要。
子宮奇形
奇形の程度や種類にもよるが、一般に流早産の頻度が高くなる。
子宮鏡 (ヒステロスコープ)
膣から子宮に挿入する内視鏡。子宮内膜ポリープの切除、子宮内腔癒着の剥離、
粘膜下子宮筋腫の切除術にも用いられる。 
子宮筋腫
子宮の筋組織から発生する良性のシュヨウ。発育の方向によって、子宮内腔に突出する粘膜下筋腫、
筋層内に腫大する筋層内筋腫、腹腔に突出する漿膜下筋腫に分類される。
子宮頸管無力症
妊娠中期以降に児られる流・早産の原因の一つ。典型的な場合は陣痛をほとんど伴わずに、
頚管が開大して流・早産に至る。子宮口をしばる手術を行う。
子宮形成手術
子宮奇形の場合に行われる手術。2つに分かれている子宮を切開して一つに縫合したり、
中に壁がある場合、中隔を切除する方法などがある。
子宮内腔癒着
人工妊娠中絶、あるいは流産時に行った掻爬手術などによって、子宮内膜に欠損が起きて、
子宮内腔が癒着を起こすことがある。また、結核やジフテリアの炎症によって、子宮内腔に癒着が起きることもある。
子宮内膜
子宮の内側を覆う粘膜。受精卵が着床しないあいだは、周期的に一部が脱落し、月経が起こる。子宮粘膜。
子宮内膜症
子宮内膜組織が、子宮内腔面以外の組織や臓器などに存在して、周期的に増殖、脱落を繰り返す病気。
このため卵巣に血液がたまるとチョコレート嚢腫ができたり、癒着の原因となる。 
子宮卵管造影(HSG)
子宮口から造影剤を注入して、レントゲン撮影により卵管の疎通 性を調べる検査。
子宮の形態異常や子宮頚管の形状、骨盤内の癒着の状態もわかる。
シクロフェニル
経口の排卵誘発剤。副作用は少ないが、排卵誘発効果も弱い。
視床下部
下垂体から性腺刺激ホルモンを放出させる性腺刺激ホルモン放出因子 (GnRH)を分泌する。
シダ状結晶
排卵期の頸管粘液を乾燥させると見られる結晶。排卵日を調べる手がかりになる。 
射精不全(射精障害)
女性の膣内に射精できない状態をいう。
習慣流産
連続3回以上の自然流産の繰り返しをいう。2回以上を反復流産といい、
2回以上から原因解明の検査をすすめられることが多い。
受精
精子と卵子が合体して、核が融合して新生命が発生する現象をいう。
通常、精子は膣内に射精されて子宮内腔から卵管膨大部に到達する。
卵巣から排卵された 卵子は、卵管膨大部で精子と出合う。
精子は卵子の透明帯を貫通して、その頭部 が卵子内に入る。
すると、卵子は透明帯反応などによってほかの精子の侵入を防 いで、受精卵となる。
人工授精(AIH、AID)
精液または精子を、人工的に女性器内に注入する方法。配偶者間人工授精(AIH)と
非配偶者間人工授精(AID)がある。従来は精液を直接注入する方法 がとられていたが、
最近では運動精子のみを濃縮して注入する方法や、精子を洗浄して注入することが多い。
スウィムアップ
浄遠心した精子の上に培養液を重層し、その培養液の上に自らの運動性で泳ぎ上がってくる精子を集める方法。
体外受精向け。
スプレキュア
視床下部に働きかけることで下垂体ホルモンの分泌を抑制する点鼻薬。
性腺刺激ホルモン放出因子の薬。
精液
精液中の1%が精子で、残る99%は精漿(せいしょう)と呼ばれる副性器からの分泌液。
副性器のどこかにトラブルがあると精液がつくられなかったり、精子が不動化したり、死滅することもある。
精液検査
一定の禁欲期間をおいたあと、マスターべーションで採取した精液精子濃度、 運動率、奇形率などを調べる。
精液の状態は体調やストレスなどによって変動するので、1~3週間以内の間隔で2回以上検査を行う。
精管精嚢造影
陰嚢上部を小切開して精管を外に出し、ここから造影剤を注入してレントゲン撮影により、
精路の通過性を調べる検査。
生検
卵巣、精巣、子宮内膜など生体の組織の一部を切除して、顕微鏡検査をすること。
性交後検査
(フーナーテスト)
性交後に頸管粘液を採取して、粘液中の精子数、運動率を調べる検査。
精子頚管粘液との適合性を調べる。ヒューナーテストともいう。
精索静脈瘤
精索の静脈(蔓状静脈叢)が蛇行、拡張し、程度が強い場合陰嚢内に腫瘤を形成。陰嚢痛を訴えることもあります。
80~90%は左側に生じ、思春期以降に多いが小児にも見られ、男性不妊症の原因となることも。
精子
精巣内の精細管で74日間かけてつくられる。精子は精巣上体尾部に蓄えられて射精のときを待つ。 
精子死滅症
精液中の精子が死滅している状態。 
精子濃度
1cc中の精子数。2000万個以上が正常。 
精子無力症
運動する精子が50%未満、または活発な直進運動をする精子が25%未満をいう。 
精子輸送路通過障害
精巣容積が正常であるにもかかわらず、無精子症の場合に疑われる。
両側の精管欠損や、鼠径へルニア手術の結紮などが原因となる。
性腺刺激ホルモン(ゴナドトロピン)
性腺に作用し、性腺の発育を促したり、機能を調節するホルモンの総称。
下垂体から分泌される卵胞刺激ホルモン黄体化ホルモン
胎盤から分泌されるhCGの3種類がある。
卵巣刺激ホルモン黄体化ホルモンは男性の精巣を刺激して造精機能を促し、テストステロンを分泌させる働きがある。
性腺刺激ホルモン放出因子(GnRH)
視床下部から分泌されるホルモン。下垂体に働いて、卵胞刺激ホルモンや黄体化ホルモンの分泌を調節する。
性腺刺激ホルモン放出因子誘導体
(GnRHa)
本来は子宮内膜症の治療薬。排卵誘発では排卵時期のコントロールに使われる。
生殖補助技術(ART)
体外受精顕微授精などの高度不妊治療の総称。
精巣
1つの精巣は平均で20ccの容積があり、自然妊娠のためには15cc以上の大きさがあれば、
問題はないとされている。
精巣上体
陰嚢内で精巣の裏側にある組織。精巣でつくられた精子は、精巣上体管を通過する問に受精能と運動能を獲得する。
精巣上体精子採取法
(MESA)
陰嚢を切開して精巣上体を外に出し、顕微鏡下に精巣上体管に細い針を刺して、精子を採取する方法。
精巣精子採取法 (TESE)
陰嚢の皮膚を小切開して精巣組織を採取し、組織内から精子を採取する方法。
セカンドオピニオン
治医の治療法や方針に対して、他の医師の意見を求めることです。
医師によってさまざまな考えを持っているのが現状で、セカンドオピニオンを求めることによって
治療をしていく上での選択の幅が広がる。
セキソビド
シクロフェニルの薬剤名
セロフェン
クロミフェンの薬剤名
染色体異常
染色体の構造や数の異常をいう。構造の異常には、転座、逆位 、欠失、重複および挿入などがある。
数の異常には、染色体数の増減がある。
染色体異常が排卵障害や造精機能障害習慣流産の原因になることもある。
早期卵巣機能不全
(POF=早発閉経)
40才以前に閉経状態になること。卵巣に全く卵胞が認められないPFD(卵巣に卵胞がない)と、
卵胞が存在しているのに性腺刺激ホルモン(ゴナドトロピン)に反応しない
GROS(卵胞があるが、性腺刺激ホルモンに反応しない)がある。
造精機能障害
精液検査で精子濃度、運動率、奇形率が基準以下の状態をいう。
続発性不妊
妊娠・出産歴はあるものの、その後妊娠を望んでも妊娠に至らないこと。

「た行」-不妊治療 用語集

体外受精・胚移植(IVF-ET)
卵子と精子を体外にとり出して受精させ、受精卵()を子宮腔に移植する一連の操作をいう。
採卵数をふやす目的で、通常は排卵誘発が行われる。
母子ともにリスクの大きい多胎妊娠を防ぐため、原則として子宮に戻される受精卵は1個とされている。
体外成熟(IVM)
採卵した未成熟の卵子を、体外で成熟させること。
タイミング指導
排卵を予測して、性交タイミングを指導する方法。排卵の予測には基礎体温、超音波による卵胞径の計測、 血中・尿中の黄体化ホルモン値などを調べる。排卵誘発剤を併用することも多い。
多胎妊娠
双子以上を妊娠すること。クロミフェン療法では約6%に、hMGhCG療法では約20%に多胎妊娠が起こる。
ダナゾール
子宮内膜症の治療薬。下垂体からの性腺刺激ホルモンの分泌を抑えて、子宮内膜症を萎縮させる。
多嚢胞性卵巣
(PCO)
多嚢胞性卵巣症候群とは異なり排卵がある卵巣の症状。
小さな卵胞が沢山できる「ネックレスサイン」は同じだが、排卵があるため、自然妊娠も可能。
多嚢胞性卵巣症候群
(PCOS)
卵胞は発育するものの排卵が起きずに、卵巣に蓄積している状態。
多毛、にきび、肥満などの症状を伴うことがあり、男性ホルモン(テストステロン)の増加が見られる。
男性ホルモン
テストステロン
着床
卵管膨大部で受精した受精卵は、細胞分裂を繰り返して桑実胚となり、さらに胞胚になって子宮内膜に侵入する。
こうして、受精卵と母体の間に生物学的な結合が成立した状態を、着床という。
TRH検査
潜在性高プロラクチン血症を検出する検査。 下垂体から甲状腺刺激ホルモンの分泌を刺激する
TRH(甲状腺刺激ホルモン放出因子)が、乳汁分泌ホルモン(プロラクチン)の分泌も促進することを利用した試験。
超音波検査
女性の不妊検査では、卵胞発育の周期変化、子宮筋腫、子宮奇形、卵巣嚢腫、卵巣 チョコレート嚢腫
多嚢胞性卵巣の有無などがわかる。男性では、精索静脈瘤の検査に使われる。
チョコレート嚢腫
卵巣内に出来る子宮内膜症こと。生理のたびに卵巣内で出血と内膜の増殖を繰り返してしまい、
血液がドロドロのチョコレート状になることからチョコレート嚢腫と呼ぶ。
通気法・通水法
卵管の通りが悪いときに、ガスや液体を送り、収縮性や通り具合を調べる。
通水法は検査というより、むしろ治療の意味が大きい。
テストステロン
黄体化ホルモンの作用で、精巣から分泌されるホルモン。性欲を亢進する働きや
プロラクチンの分泌を抑える作用がある。
テルロン
ブロモクリプチンの薬剤名。
凍結胚移植
体外受精で良好な受精卵が多数できた場合に、これを凍結保存して、
自然周期やホルモン補充周期に胚移植する方法。
透明帯
胚の殻。卵細胞の周りにある丈夫な膜。
特定不妊治療
不妊治療のうち、「体外受精」と「顕微授精」の2つの治療を指す。
国の基準に基づき、地方自治体が治療費助成を行っている。窓口は各保健所。

編集部ブログで最新ニュースをチェック

不妊治療応援なび

行きたい病院が見つかる2017 Book公式サイト

不妊治療に力を入れている施設

ママになりたいあなたのためのオススメ施設

漢方で妊娠?

自宅でできるシリンジ法

CHARTY WOMAN

「不妊」じゃなくて、TGP 私の妊活日記 東尾理子

主婦の友社 読者ネットアンケートクラブ