赤ちゃん欲しいね!赤☆(あかほし)ネット

TOP不妊治療についてもっと知りたい! > AIH 人工授精ってどんなことするの?
人工授精の進み方(あくまで一例で、個人や病院によって異なることもあります)

検査(まずは準備から)

始める前にまず不妊の基本検査を受け、原因を調べます。

なるべく夫婦で診察に臨みましょう

始める前にまず不妊の基本検査を受け、原因を調べます。特に妻の両側卵管閉塞、夫の感染症があると人工授精はできないため、要チェック。フーナーテストや卵管造影検査も必須。1986年東京医療歯科大学医学部卒業。都立大塚病院産婦人科などに勤務ののち、デンマークコペンハーゲン大学留学。玉川病院産婦人科医長(不妊専門外来担当)などをへて、2000年現クリニック開院。

血液検査で感染症の有無を調べる

血液検査で、B型肝炎、C型肝炎、梅毒、エイズ、成人T細胞性白血病、クラミジアの感染がないかどうか調べます。感染症が見つかった場合は、まず感染症の治療が優先されます。

治療の不安はカウンセラーに相談

希望があれば、専門のカウンセラーが治療の内容、流れなどを説明し、不安をとり除きます。時間は30分ほど。初診に限らず、治療中の人が受けることもできます。

↓

排卵日を特定

育った卵胞

超音波と尿検査で卵胞と子宮をチェック

排卵日を正確に特定するために、経腟超音波で卵胞の大きさ、子宮内膜厚をミリ単位で計測します。さらに、尿検査で排卵前に上昇するホルモン、LH値の測定を行います。

『排卵誘発を行う場合も』排卵は、自然周期にまかせる場合と排卵誘発剤を使う場合が。排卵誘発剤を使うほうが妊娠率は上昇しますが、強い薬だと多胎妊娠のリスクが上昇。写真は、そのリスクが低い経口排卵誘発剤クロミフェン(商品名はクロミッドやセロフェン)。

↓

いよいよ排卵日 精子をとる

プライバシーが保たれた採精室

院内で採精する場合

プライバシーが保たれた採精室(性的興奮を呼び起こすための雑誌やDVDなどが設置)でマスターベーションを行います。採取した精液は容器に入れ、検査室の技師へ。

プラスチック製の容器

自宅で採精する場合

マスターベーションでプラスチック製の容器に精液を採取します。採取前には3~7日程度の禁欲期間があるとよいでしょう。冬場は持ち運び時に冷えすぎないよう注意します。

遠心分離機にかける・精子をカウント・指差し確認

精子は洗浄・濃縮されます

精液のとり違えがないよう、必ず2人1組で指さし確認。その後、顕微鏡で良好運動精子の数を確認(手でカウント!)、遠心分離器にかけて洗浄、濃縮作業を行います。作業時間は40分~60分。

↓

子宮に注入

夫婦の名前にまちがいはないですか?

内診台の上でたったの1分

氏名の確認後、内診台にすわり、子宮頸部をきれいにふいてから、やわらかいカテーテルで精子を注入します。注入自体は1分もかかりません。3~5分安静にしたら、帰宅可能です。

とり違え防止のため、精子が入った容器には夫婦ふたりの氏名が。・人工授精用のさまざまなカテーテル。樹脂製で、やわらかい。

抗生物質・黄体ホルモン

すぐに帰宅してもOK

注入後はすぐに帰宅できますが、念のため、感染予防に抗生物質薬を内服します。ホルモンバランスが悪い人は、必要に応じて黄体ホルモンを服用する場合もあります。

↓

約2週間後 妊娠判定!

編集部ブログで最新ニュースをチェック

不妊治療応援なび

行きたい病院が見つかる2017 Book公式サイト

不妊治療に力を入れている施設

ママになりたいあなたのためのオススメ施設

漢方で妊娠?

自宅でできるシリンジ法

CHARTY WOMAN

「不妊」じゃなくて、TGP 私の妊活日記 東尾理子

主婦の友社 読者ネットアンケートクラブ